株式会社おまめ日記

土地から新築アパート建築を目標に、知識ゼロから勉強を開始!学んだことを包み隠さず発信していくので、同じ目標を持つ方の道標になれればいいなと思っています。どうぞ宜しくお願いします!

【良書紹介】「時間革命 "TIME IS LIFE" 堀江貴文氏著」を読んだ感想(4/30)

こんにちは、おまめ社長です。

今日は1月の読書4冊目、堀江貴文氏著「時間革命」の感想をアップします。

なんかだんだん読書ブログみたいになってきました(笑)。。。

まずは恒例、ネパールの壮大な山々をどうぞ。

f:id:oh_mame:20200203231847j:image

 

 

人気ブログランキング参加しています。

継続の支えになりますので、ポチっとお願いします!

「時間革命 "TIME IS LIFE" 堀江貴文氏著」を読んでみました

前々から当ブログでもぼやいていましたが、会社員の仕事や家庭生活、趣味、運動、不動産活動、ブログの更新などなど、、、忙しい(?)日常の中で「いかに時間を創るか」は人生における大きなテーマだと感じていました。

「バカに恵む時間はない!」

「1秒でもムダに生きるな!」

同氏らしい激しくストレートなメッセージが帯にも並んでいますが、忙しさのレベルで言うと常人の比ではないホリエモンの時間術、やはり学ぶところは多かったです。

それでは早速本題に入ります。

 

人間にとって、何より尊いのは「時間」

タイムイズマネーという言葉はお金と時間を等価に考えているがとんでもない、時間は人生そのもので、人生の価値が湧き出てくる源泉、これが本著の主題でした。

今の世の中、お金がなくてもどうにか生きていけるし、起業やビジネスへの参入障壁もインターネットやツールの進化によって著しく低くなっています。

一方で、どれだけ時代が進んでも、時間は一度失ったら二度と取り戻せないし、誰しも人生に与えられた時間は有限です(タイムマシーンが開発されたり、不老不死になったら別ですが笑)。

だから、人生の質を上げるために、他人時間ではなく「自分の時間を生きる」ことが大切で(勿論相手の自分時間も同様に尊重する)、人生において本当に大切なものを見極めて時間を使っていく必要がある、と説いています。

 

例えば、「最近ちょっとバタバタしてて…」というサラリーマンの決まり文句。これも自分で時間をコントロール出来ていない人の典型といえます。

厳しい言い方をすれば、他人のための仕事やタスクに忙殺され、多忙=充実と思い込みながら人生の貴重な時間を切り売りしている、とも。

(今やっている仕事が本当に心から自分がやりたい、日々心躍る充実した仕事であるならば、勿論上記には該当しませんが)

 

思えば、僕が不動産の投資に挑戦し出したのも「自分の人生を自分でコントロールしたい」と考えたことがキッカケであり、人生を切り売りしたくない、もっと充実した時間を過ごしたい、という欲求に従った結果でした。

今回育休の取得に踏み切ったのも、自分の人生の中で、より大切なものにフォーカスするためであり、主体的に自分の時間を確保しに行った決断は間違っていなかったと感じています。

 

時間の常識を打ち破って真の自由を手に入れる方法

本書は以下の6つのチャプターに分かれていて、それぞれに自分時間の質を高めるコツやムダを無くすテクニックが具体的に書かれています。

 

1、「他人の時間」を生きてはいけない

2、徹底的に「ムダ」な時間を殺せ

3、「常識や世間体」に時間を溶かすな

4、「夢中」が時間密度を濃くする

5、「健康」こそが最大の時間投資である

6、「将来を心配する」という究極のムダ

 

勿論全ての内容に共感出来るワケではありませんが、圧倒的な実績と経験(特に刑務所での時間)を持つ同氏が生み出した、徹底した時間術は学ぶところが本当に多いです。

スキマ時間の活かし方、目まぐるしい毎日を過ごしながら健康を維持する方法、時間を最大化する人との付き合い方まで具体的に網羅されています。

時間に対する考え方を一新させられる良書だと思います。

この本を通読したあとには「ちょっと最近バタバタしてて」なんて、もう口が裂けても言えません(笑)。

 

さいごに

個人的に一番印象に残った部分を抜粋しておわりにしたいと思います。

 

自信には「根拠」なんていらないのだ。

 

つねに「上には上がいる」のが競争の世界だからだ。

いつまでも東大卒を鼻にかけている人間は、ハーバード卒の人たちに囲まれた瞬間、劣等感に苛まれる。「10億稼いだ」と威張っていても、世界に出ればそんな人間はいくらでもいる。

また「根拠のある」自信は、とても危うい。

根拠のほうが崩れれば、それが支えていた自信も崩れるからだ。

一流企業の社員であることを誇りにしている人は、会社の肩書きを失った途端に、自信がなくなる。10億稼いだ実績に自信を得ている人は、稼げなくなると途端に弱気になってしまう。

 

だから、自信には根拠なんてないほうがいいのだ。

根拠がないからこそ、崩れることがない。

死ぬまでずっと自信を持っていられる。

 

 

。。。

。。。。。

名文です。同感です。感動しました。

最後肝心の時間関係ないけど(笑)。

 

 

気になった方は是非読んでみてください!オススメです。

 

ということで、今日も長文を最後まで読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ  

ブログ村と人気ブログランキングに参加しています。

やる気注入、ポチッと応援よろしくお願いします!

 

 

 

<未来年表>

2019年10月  新築用の極上土地仕入れ    → 未達。継続トライ中。

2019年11月  子供が元気に生まれる     → 元気な子が生まれました!

2019年12月  新居に移る          → 引越し完了。

2020年初春  育休取得、子育て+ブログ執筆+投資活動 → イマココ。

2020年春   最初の新築アパート竣工、すぐ満室に   → 未達。

2020年秋   賃貸併用アパート竣工          → トライ中。

2021年春   二棟目の新築アパート竣工、すぐ満室に

2021年夏   本を出版、40歳の誕生日にサラリーマン卒業

2022年春   家族、仲間とアメリカ横断旅行→世界一周(バオバブ)

2022年秋   旅の間に撮ったフィルム写真で写真集出版

2022年冬   地方創生事業スタート